ホーム > ヘアカタログ カラーリング

ヘアカタログ カラーリングのアーカイブ

Colorz-O’s hair catalogue 2016 / vivid color #1

本来であれば、年明け早々にアップしなければいけなかったのですが、

なんだかんだと2月の声を聞くこの時期になってしまいました。

年の最初は毎回”vivid-color”と決めていますが数が多いのと
いつものTくん以外にも何人かのお客様がトライしてくれたので
今回は2回に分けてご紹介しようと思います。

まずは”T’s-collection”といきましょう。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

a.takiguchi JPGa.takiguchi JPG (2)

a.takiguchi JPG (5)a.takiguchi JPG (6)

a.takiguchi JPG (7)a.takiguchi JPG (8)

a.takiguchi JPG (9)a.takiguchi JPG (10)

a.takiguchi JPG (11)a.takiguchi JPG (12)

a.takiguchi JPG (13)a.takiguchi JPG (14)

a.takiguchi JPG (15)a.takiguchi JPG (16)

a.takiguchi JPG (17)a.takiguchi JPG (18)

a.takiguchi JPG (19)a.takiguchi JPG (20)

a.takiguchi JPG (21)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

個人的に気に入っているのは、”tint-yellow”
でも、特に激しい色味でもなく、比較的落ち着いた感じさえします。

さて、今年はどうなることでしょう?(^-^)

★料金等は#2にて。

Colorz-O’s hair catalogue / vivid color – Oct / 2015

いつものようにヴィヴィッド・カラーですが、お客様より、
おススメのレッド系、またはブルー系はありますか?」とメールがきたので、
今回は色別・製品別(会社)で分けてみました。

 

では、早速“ダブル・ブリーチ”からいきましょう~

 

a nakanishi sana taki (7)

 

これだけでも結構きれいだと思います。ちなみ使用してるのは、”ルウ・フロスティ

 

続いてブルー系のVCの比較です。まずは”パイモア・カラー(PC)”

 

02_201005_2010 (7)

 

次は”ウェラ・カラー(WC)”

06_201002_2013

どちらもブルー系ですが、PCのほうがデープに入ります。WCは淡い感じに仕上がります
また、WCは「色を薄めたい。」ときにはアッシュやシルバーでブレンドすることが出来るので、微妙に変化をつけたいときに使います。(あとの写真にも共通して言えることです。)

こちらがシルバーアッシュを多めにでブレンドしたブルーです。

a.takiguchia nakanishisann color (8)

次は、”Red ,Orange & Pink”系です。前者5枚はWC、残り1枚が“ルベル・カラー(RC)です。

a takiguchikun (5)a ta takiguchikun

takiguchi 2014 0212takiguchi 2014 0827 (2)

03_2013 (10)

続いてイエロー系の違いを。前者がPC(tint-color)、後者がWCです。

takiguchi 2013 0731 (5)a 滝口くん (7)

最後にその他として、”deep-ash-gray”,”green”,”deep-pink-pearl”(全てWC)です。

a vivid taki (10)takiguchi 2014 0416 (6)ヴィヴィッド2

実際には、お客様個々の髪質や地毛の色味など、カラーチャート通りにならない場合も結構ありますので、、
あくまでも参考として御覧ください

Colorz-O’s hair catalogue / Henna ( + Indigo & some herbs)

おひさしぶりです、

前回のヘアカタログが今年の2月でしたので、
ずいぶんと久しくヘアカタログを更新してませんでしたね~(いかんいかん。@-@)

これまでも普通のカラーリングやビビッド・カラー等、ブログアップに必要な写真は撮りためています。
でも今回はこれまた思いがけず久しぶりに施術した”ヘナ・カラー”を取り上げてみたいと思います。

ここ最近、いろんなアレルギー症状に悩まされるお客様が増えてきました。
トータルカットで使用するクレンジングフォーム、シャンプーは無添加のCAC化粧品を使用しているので
私自信もお客様にも安心してご利用いただいてます。
(ちなみにパーマ液もCACを使用しております、)

しかしいくつかの例外としてカラー剤ががあります。

まあ、求める色味を再現するとなると、自然とアルカリ・カラーを使用することになります。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

さて本題に戻ります。
今回何らかの理由でアルカリ・カラーが強い刺激となってしまったお客様Oさん。
今年の1月以来そのままにしていましたが、ひょっとしたら”ヘナ”であれば大丈夫かも….と想い、
約10年ぶりに施術してみることになりました。

今回使用するのは、オリジナル・ヘナにインド藍(インディゴ)と各種の天然ハーブが処方されたもの。
結果的にオリジナル・ヘナ特有のオレンジ色ではなく、ブラウンになります。

(1)a ヘナ (2)

これをおよそ4倍のお湯で溶かします。

(2)a ヘナ (3)

ちなみにこちらは以前カラーリングしていた”ピンキー・ブラウン”です。

(3)before hena

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

施術前に現在の様子を撮りました。前述のピンキー・ブラウンより約6ヶ月経過しています。
地毛の黒と白髪とトーンアップした状態の毛先の3色になっています。

(4)a ヘナ (5)

(5)a ヘナ (7)

(6)a ヘナ (9)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

(7)a ヘナ (4)

今回の施術の内容ですが、

1.まず全頭塗布後に赤外線処理を10分。
2.根元から染め直してまた赤外線処理を10分。
3.手もみでより馴染むようにして赤外線処理を20分。
4.その後湯せん~シャンプー。
5.ドライヤーで乾かします。

こちらが施術後です。
どちらかというと、グリーンっぽく見えますね。
日にちが経つと、酸化が進んでトーンが落ち着きます。

(8)a ヘナ (6)

(9)a ヘナ (8)

(10)a ヘナ

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

比較するために私の頭で同じように施術してみました。
2回ばかり野外で泳いだせいで、トーンが上がっていたので、
目的としては

1.トーンダウン
2.トリートメント

後述しますが、ヘナの色素は髪の毛に絡みついて、髪そのものを強くする効果があり、
続けて重ね染めしてるとより丈夫な髪になります。

こちらは施術前。
もともとはグリーンをベースにトーンダウンしてカラーリングしたのですが、
すでにただの明るめのブラウンになってます。

施術内容ですが、まずは

1.全頭塗布後に赤外線処理を10分
2.生え際を中心に染め直しをして赤外線処理を20分
3.そのまま自然放置で30分

(11)a hena before (4)

(12)a hena before

その違いが分かると思います。

(13)b hena after (3)

(14)b hena after

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ここで、ヘナ・カラーと通常のアルカリ・カラーのメリットとデメリットを述べてみたいと思います。

まずはアルカリ・カラー

メリット

1.求める色味が多種多様であること。
2.比較的短時間でカラーリング出来ること。
3.ヘナと比べると技術料金が安いこと。
4.リタッチ・トーンダウン&アップの際に色味の計算が立ちやすいこと。

デメリット

1.髪の毛が傷みやすいこと。
2.パーマと併用すると、より損傷度が増すこと。
3・配合されるアレルギー物質により、時としてその症状が現れること。
4.接触性皮膚炎が起こりやすいこと。(かゆみ・痛みなど)

*******************************************************************

次にヘナ・カラーについて。

メリット

1.自然素材(草木染め)なので、アレルギーが起きにくいこと。
2.日にちを開けず、何度でも重ね染め出来ること。
3.重ね染めをすることによって、より丈夫な髪質になることが期待できること。
4.時間の経過によって酸化が進み、深い色味になること。

デメリット

1.一度のカラーリングでは希望の色味が出にくいこと。
2.時間がかかること。(2~3倍)
3.途中でやめると色の格差が出て、修復しにくいこと。
4.比較的料金が高いこと

以上のようなことが挙げられると思います。

*******************************************************************

今回カラーリングをされている女性のお客様にヘナのことを伝えてみたら、
次のような声がありました。

パーマもかけたいと思っているので、白髪染めを兼ねてヘナをやってみたいと思います。
でも、まだ白髪が少ないので、色はオリジナルのオレンジが良いです
。」

以前、営業的に合わないから止めたと話していたけど、再開するとしたらどうするの?」

私はアルカリ・カラーでないと希望の色にならないからヘナはやらないわ。」

「アルカリ・カラーとそれほど料金が変わらないなら良いんだけど….」

まあ、人それぞれですね。(^-^*)

*********************************************************************************

個人的には求める色がヘナでは出ないので、これからもアルカリ・カラーをしていくつもりですが、
トリートメントとしてのヘナ(+インディゴ)を定期的にやっていこうと思っています。
たぶん、ベースとなる髪がブラウンとして、それを考慮してのカラーリングということで、
アルカリとヘナを交互にやってみたいと思っています

今のところ、もし営業ベースでヘナ(ヘナ+インディゴ)を施術するとしたらですが、
お客様と相談してるのが、

1、染め始めから終わりまでを最長60分とする。
2.大幅な平日割引をする。
3.重ね染めだけの施術をする。(シャンプー料金+ヘナ料金)

などなど。

ご希望の方は一度ご相談ください。(^-^)/

Colorz-O’s hair catalogue / vivid-color 2015 #1

今月は先月に引き続き、カラーキャンペーンということで、
普通の”ファッションカラー”や”グレイシェイド(白髪ぼかし)”を
紹介しようと思っていたのですが、
本日、当店2人目のCOB=Color on bleachのお客様が来店されたので
予定を変更してご紹介します。(^-^)

まずは毎回”Vivid-color ~ Color on bleach”のMr.Tくん。
(毎年最初のヘアカタログは彼の1年分のカラーです。)

カット後にハイ・ブリーチ(今回はWブリーチ)、その後カラーリングの手順です。

滝口くん滝口くん (2)

滝口くん (3)滝口くん (8)

ブルー系の場合はブリーチが甘いとグリーンが強くでることが多く、
部分的にトーンを落としてのカラーリングとなります。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

で、
続きまして今回初めてCOBを試みた大学生のNくんです。
今日から休みに入ったそうで、心置きなくvivid-coloringされました。

ご希望の色味は、”Royal-milk-tea”
ゴールド系を強くだして構わないと言われたので
シングル・ハイ・ブリーチで、トーンは10。
Ash-brownとYellow-goldの混合比率は1:1

そもそもベースがゴールドなので、この比率ですが、
もっと淡い感じにしたければAsh-Bを多めにすれば良し。

セット後セット後 (2)

セット後 (4)セット後 (5)

セット後 (7)セット後 (8)

4月からは3年生となり、夏からは就活に入るというので
「最初で最後のvivid-colorになると思います。」という可能性大ですね。

時間もお金もそこそこかかりますが、ご希望の方はぜひどうぞ。(^-^)/

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

price : men’s short (include tax )
bleach : +¥4100~
color : +¥¥3670~
cob : +¥540~¥1080

Colorz-O’s hair catalogue / vivd color 2014

今月はブログでお知らせした通り、カラー、パーマ各種&CACエステメニューのキャンペーンですが、
今年最初のヘアカタログは当店らしく”Vivid-Color”でいってみたいと思います。

2014年とそれ以前とは多少違いがありまして、それは…ブリーチの回数がダブルになったことです。

特にブルー系のカラーにおいては、ブリーチを2回することによって、
よりトーンの高いブルーはカラーチャートの色味に近くなりました。

では、実際の写真を。↓

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

tacky 2014  0115 (3)takiguchi 2014 0212 (6)takiguchi 2014 0312 (2)

takiguchi 2014 0416 (6)takiguchi 2014 0521takiguchi 2014 0625

takiguchi 2014 0730 (2)takiguchi 2014 0827 (2)takiguchi 2014 1001 (2)

takiguchi 2014 1105 (3)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

今年もお客さんと相談して、面白いカラーを追求していきたいと思っております。(^-^)/

price(mens short)

W-bleach : +¥6480 ~
coloring : +¥3560 ~

color option
color on bleach : +¥1050

”今週の1枚”+ちょっと。

ついつい疎かになってる”今日の1枚”コーナーです。
なので、毎週最低1枚以上はアップしようということにして
まずはいつものVIvid colorのTくん。

もっと赤みを強く出そうとブレンドしたのですが、
なんだかワインレッド系の色味になりました。

ちょうど、ボジョレー・ヌーボーも解禁ということなので、
今回は”Neo-Red”

a takiguchikun (4)

a takiguchikun (7)

こちらは先ほど終わったばかり、Nくんの”Pinky-brown”
上記のTくんも色白ですが、Nくんも負けず劣らず色白。

今回は、
「女性に母性本能を抱かせやすいカラー。」として、
眉毛にもポイントを置いてみました。

西くん (9)

西くん

Nくん、柏にある家に着くのは午前様になると言ってました。
では、気をつけてお帰りを~(^-^)/

Colorz-O’s hair catalogue / colors july 2014

こんにちは。(^-^)
キャンペーンに合わせてヘアカタログをアップしようと思いつつ、
7月も早半月過ぎてしまいました。(^-^:)

なので、最新のカラーメニュー、プライスメニューとして参考にしてください。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

まずは、”vivid color”と”(hi-light)bleach”から。

vivid colorvivid color (2)vivid color (3)vivid color (4)vivid color (5)vivid color (7)vivid color (8)vivid color (10)

続いて、ベースとなるブリーチです。
左がブリーチ×1、右が×2です。

bleach 1 (2)bleach 1

ブルー系のようにベースになる色味がなるべくホワイトに近いほうが良い場合には
やはりブリーチ×2回が必要になりますね。

price:(mens short)
total cut : ¥4200 ~ ¥4500(+tax)
bleach :+¥3400 ~ +¥6400(+tax)

vivid color
color on bleach : +¥1000(+tax)
vivid coloring : +¥3400~+¥3700(+tax)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

続きまして、”fashon color”です。
当店では、”白髪染め”という観念は無く、
その人に合ったベースカラーを。」
と考えています。

ベースカラー:ブラウン(ナチュラル)・ブルー・レッド・オレンジ・ピンク・イエロー(ゴールド)・アッシュ・グリーン等々、髪質も変われば、トーンも異なります。

まずは、”ash”系。

ashash (2)ash (3)

続いて”brown”系。

brownbrown (2)brown (4)brown (5)brown (6)brown (7)

こちらは”dark-blue-brown”と、”dark- green”系です。

greendark blue brown

続いて、”yellow-gold”系

yellow goldyellow gold (2)

そして、”orange”& ”red”系

orangeorange (2)red

で、最後に春先からの”おすすめカラー”である、”pinky-brown

もちろん他のカラーも男女を問いませんが、こちらは特に年齢に合わせてトーンを変えると
また一味違います。(^-^)

pinky brownpinky brown (2)pinky brown (3)

そしてこちらは当店のHP、およびネットショップを作成してくれたNくん。
前回から”pinky brown”を施術しています。

今回はトーン8とトーン10の2種類で、アトランダムにグラデーション。

nishikun pinkynishikun pinky (2)nishikun pinky (3)nishikun pinky (4)nishikun pinky (5)

ぜひ、お好きなカラーをお楽しみください。(^-^)/

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

price:fashon color
short~short medi:+¥3400~+¥4400(+tax)

Colorz-O’s hair catalogue / Vivid color : Royal milk tea (Mr. Honda method)

今年初お目見えですが、おなじみのMr.Tくんのvivid colorです。

今回の”Royal milk tea“色は、

以前にも掲載したことがあるので覚えている方もいらっしゃsるかと思います。

が、以前とは異なるアプローチをブリーチの段階でしてみました。


それがこちら。↓

まず1回目のブリーチ

bleach1

薬液処理後にシャンプーをして、また初回同様に保護剤を塗布して、肌の養生をして2回目がこちら。↓

bleach2

なぜこうしたのかと言いますと、Milanの本田選手がカラーリングの前にブリーチを2回施術するとニュースでみたからです。
昔のブリーチ剤では今回のようにしていましたが、ルウ・フロスティ(通称:Devil’s powder)を使うようになってからは
その必要性をあまり感じなかったのと、薬液処理による髪よりも地肌に対する損傷が懸念されるからでした。

結果的に、最後に入れるカラーが求める色味により近づいたので、(Tくんと相談して)
「次回以降もこのアプローチでいこう~!」
となりました。(^-^)

では、実際のカラーはこちら。↓

tacky front (4)

tacky side&back (3)

tacky side&back (2)

tacky front

今回使用したのは、
ブリーチ剤:ルウ・フロスティ-ルウライト
カラー剤 :パイモア-AB10:Y10(=2:1):2液6%=1:2

次回のイメージは….””です。(^-^)/

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

Price:
total cut ¥4200~¥4400(with tax)

color:
bleach ¥6300(~:with tax)

coloring ¥3800(~:with tax)

color option menu:
COB(color on bleach) ¥2100

Colorz-O’s hair catalogue / vivid color 2014

さて、今年初めてのヘアカタログ(兼料金表)ですが、例年通りMr.Tの2013年のvivid-colorです。

まずは手始めにハイライト・ブリーチから。
tacky bleach

続いて月ごとのカラーリングを。

昨年のテーマは、


「グラデーションにこだわろう~」


でした。

中にはシングルカラーのトーン違い(2~3種類)や、
3種類以上のブレンドカラーがあります。

では、ご覧下さい。(^-^)

tacky130tacky227tacky327Atacky327Btacky502tacky529tacky0701tacky0731 (2)tacky0731tacky0828tacky1002tacky1106tacky1204 (1)tacky1204 (2)


今年はまた違った試みでのvivid colorを考えてます。
お楽しみを~(^-^)/yeah!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

total cut:¥4200~4400(+tax)
hilight bleach:¥3800~4200(+tax)
fashion color:¥3400~3800(+tax)


color option:color on bleach +¥1000(+tax)

Colorz-O’s hair catalogue / Pinkish brown

「うん?ピンクですか?」
最初にお客さんにこの色をすすめると、必ず返ってくる答えが最初の1行です。(^-^)

「いえいえ、ピンクっぽく見えるブラウンですよ。」
そう、あくまでもちょっと明るく見えるブラウン系のカラーです。

こちらは当店のHP制作をしてくれた、おなじみNくん。
使用カラーはルベル8Rをシングルカラーで。

nishikuna (2)

nishikuna (6)

nishikuna

こちらも同じ8Rのシングルカラー。

ooshim pink1

ooshima pink2

今回はシングルカラーのみのアップですが、
もし「最近白髪が増えてきた。」と言うお客様であれば、
トーン5~6のミディ・ブラウン(または、6~7のゴールド系も一緒に)をブレンドします。

さて、
この色をどのようなお客様へおすすめするかと言いますと、

「年齢のせいか、ちょっと顔がくすんできたわ~」

という女性にはピッタリかと。

顔の周りにこの色があると、明るいところではお顔をほんのりピンクにしてくれます。

メイクでチークを使用するのとは違いますが、
明るく見える=元気に見える
ということです。

今回の写真はお二人とも男性ですが、男女問わず加齢とともにお顔のくすみは気になるところですよね。
(純粋にこの色味が気に入ったのでカラーリングしました。)

白髪を染めるのも、ただただブラックやブラウンではなく、
ベースになる色を変えてみるのも一考かと。(^-^)/

1 2 3 4 5 6

ホーム > ヘアカタログ カラーリング

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る