ホーム > ヘアカタログ カラーリング

ヘアカタログ カラーリングのアーカイブ

Colorz-O’s hair catlogue / perma perma perma

今月は”パーマ・キャンペーン”(通常料金より10%オフ)ということで、

写真とともに基本料金もお知らせいたします。(^-^)

初回は”おためし”として、パーマ料金は¥1000引き、(クリープ料金は50%オフ)となります。

コールド・パーマ

エバーロッドを使用します。長さやロッドの本数によって追加料金があります。

使用薬液はCACパーマ液がメインで、髪の痛みを軽減します。

パーマ・オプションで改めてご紹介しますが、”クリープ・パーマ”の際には

強めのクラシエのパーマ液(ノーマルタイプ・ハードタイプの2種類)を使用します。

1.レギュラー・デザイン(ショートレングス) : +¥4410~

2.ピンツイストパーマ :

こちらは名前の通り

髪の毛を小分けにしたもの”をツイストさせて、ピンで止めてかけるパーマです。

ソフトとハードタイプがあって、

ソフトタイプはツイストさせる回数が少なく、エッジが出にくい仕上がりになります。

ハードタイプはソフトとは反対に、ツイストの回数が多くなり、

そのためテンションが上がるので、エッジが強くでます。

(ちなみにこんな感じの仕上がりです。↓)

 ・

ソフト : +¥4930~

ハード : +¥5250~

こちらはパーマのアルカリ処理が最初の1回だけで、髪の毛内の蛋白質”コルテックス”を

スチーム&熱処理で”移動させる=クリープ”パーマです。

見た目の仕上がりは通常のコールドパーマと変わりませんが、

もっとも異なる点は、

損傷毛(カラーダメージ)や部分的に細毛化した毛髪(その部分だけボリューム感が異なる)に

非常に効果的だということです。(^-^)

いくつか例を挙げてみます。↓

 

それぞれ、

天頂部に少しボリュームが無くなってきた場合、

カラーリングした損傷毛に施術した場合、

加齢によってボリューム感が失われてきた場合となってます。

お客様の声をいくつか挙げてみます。

同年代Yさん(男性):たまに自分でアルカリカラーをすることがあり、トップのボリュームがかなり落ちてきてます。

洗った後のボリューム感が持続するのと、時間が経っても、それほど弱くなったって感じがしない。」

同年代Tさん(男性):もともと細い毛髪で特に天頂部全体に腰が無くなってきてます。

髪の腰が強くなったと錯覚する感じ。やはり持ちが良いと思うし痛んだ手触りが無い。」

30代Nさん(女性):猫っ毛で、腰が無い。カラーもするので通常のアルカリパーマでは損傷が激しくなります。

太いロッドで巻いているのにしっかりカールが残ってます。カラーをしてもパーマが取れないのが嬉しいです。」

40代Sさん(男性) : 髪が太くて腰が強いのですが、ここ2~3年で、つむじの部分だけがボリュームダウンしてきました。

「(髪の)太い部分も腰がなくなってきた部分も同じようなボリュームなのと、櫛通りが良い。」

お客さんのコメントを簡単にかいつまんでみました。(^-^)

プレトリートメントをして、ロッドワインディングをするところまでは通常のパーマと全く同じ。

その後、1回だけパーマ1液を塗布したら、後はスチームと赤外線で熱処理をする手順が変わります。

パーマオプション :パーマ料金にプラスされます。 

ショート~ショートミディ : +¥1050~  

ミディ~ミディロング   : +¥1570~

ロング~         :+¥2100

料金は2011年3月現在

マテリアルパーマとストレートパーマは次回に。

こちらもクリックお願いしま~す。(^-^)/⇒http://blog.cac.shop-pro.jp/

Colorz-O’s hair catalogue / colorz for ladies

ちょっと日にちが空いてしまいましたが、無事に決算・申告も終わり、

カラーの続きを再開させていただきます。(^-^)

個人的にカラーリングの基本は

”リタッチ&トーンダウン(アップ)”

だと思います。

トーンの高いカラーで染めていると、どうしても毛先がトーンアップしてしまったり

痛んでしまったりするものですが、大事に扱っていれば、

リタッチだけでも十分です。(^-^)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

こちらはナチュラルブラウン・トーン7にピュアアッシュ・トーン6を4:1でブレンド。

続いて、ナチュラルブラウン・トーン7(シングルカラー)

:少し白髪があるので、落ち着いたトーンを使用しました。

こちらはイエローゴールド・トーン8のシングルカラー

:お肌が白いのと、眉毛の色がそれほど濃くないので、ちょっと明るめのトーンを入れました。

半年に1度のペースで毛先をトーンダウン(2剤をオキシ2~3%使用)します。

こちらは白髪の割合が30%くらい(見た目はかなり白髪が多く見えます。)で、

イエローゴールド・トーン8とナチュラルブラウン・トーン8を3:1でブレンドしています。

70歳を越えられていますが、髪の毛の太さ・量も申し分ないです。

こちらはホームカラーをずっとなさってた方で、ここ2回くらい当店でカラーリングされています。

何度も低いトーンでカラーリングしていると、その部分を明るくすることは非常に大変です。(-.-:)

それは、本来ご自身が持っているナチュラルなトーンでは無くて、

ケミカルで下げていったトーンなので、少しくらい明るめのトーンを重ねても

どんどんトーンは下がるだけです。

思い切って毛先10cmくらいカットさせていただいた~全く新しいヘアスタイルを選択~ので、

いままでご自分で染めてきた部分にはカラーせずに、

新生毛にのみ少し明るめのトーンをカラーリングしていき、

1年かけて、「既色毛と入れ替える。」という方向で納得していただきました。(^-^)

こちらはショートのレッド系。

トーンが明るくても、元の色味によっては落ち着いて見えますね。(^-^)

最後は”マダム”に登場していただきます。

リタッチにはトーン6をベースに、トーン8とトーン3を白髪の増え方に合わせて

少しずつ割合を変えてます。

毛先のトーンアップした目立つ部分には、

トーン6をベースにトーン3を加えて、2剤にオキシ3%を使用して

アトランダムにカラーリング。

なんでも姪っ子さんに、

「どうしてそんな色が出せるの?とても似合ってる~」

と先日言われたそうです。(ありがたや~)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

今は市販されているカラー剤も種類が豊富です。

比較的簡単に”イメージを変える”手段としては最適だと思います。

ホームカラーの注意点としては、

1.あまりトーンの低すぎる色は使わないこと。

2.痛んだと感じた部分には、必ず前処理をしてからカラーすること。

3.何度も同じところを染めないように注意すること。

といったところでしょうか。

顔の周りにご自分の好きな色があるって楽しいですよね?(^-^)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

price : option menu

short(メンズだとショートミディレングス) : +¥3460~

medium : +¥4510~  medium-long : +¥5670~

Colorz-O’s hair catalogue / fashon colorz for men

今回はちょっと派手な感じのカラーです。(^-^)

とはいっても、

みなさん普通のお仕事をしている方ばかりです。

では、どうぞ。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

まずはマット系のイエローゴールド・トーン10とアッシュブラウン・トーン10のブレンドカラーです。

続いて、当店のHPを担当してくれているNくん。

こちらはマットグリーンのトーン10で、以前私が好んで自分の頭にカラーしていた色です。

シングルカラーでグリーン系を望まれる方は少なくて、ちょっとさびしい感じもします。(^-^:)

お二人ともかなりの色白なので、高めのトーンが似合います。

続いては、レッド・オレンジ系のダーク~ハイトーンまで。

まずはレッド系をお望みで、なおかつ、「白髪も目立たなく。」ということで

レッドブラウン・トーン8にティントレッド・トーン3を4:1でブレンドしました。

パッと見た感じの印象は、”レンガ”色といったところでしょうか?(^-^)

こちらはレッド系でもチェリーレッドのトーン8

”レンガ”色と比べて、ちょっとクリアな感じがします。

こちらはオレンジ系で、キャロット(にんじん)オレンジのトーン10です。

以前はコッパー系のオレンジを入れていました。(何回かヘアカタログに登場してます。)

段々と白髪も増えてきましたが、「白髪を染める。」というよりは、

「白髪を目立たないようにする。」をメインにカラーリングしています。

最後に毎年一度は特集を組ませてもらうTくんのカラーです。

年の初めのカラーなので、予約をいただいたときに、

「今年はどんな色から始めるの?」と伺ったところ、届いたメールにあったのは….

”日の出”の絵文字。(^-^:)

「じゃあ、レッド系とオレンジ系でグラデーション入れてみよう!」と用意したカラー剤がこちら。

ご覧の通り、チェリーレッドとキャロットオレンジの異なるトーンを3種類用意して

1:1でブレンドして、濃いほうから下から順にカラーリングしてみました。

 

”初日の出”とはいきませんでしたが、ちょっとお正月らしい派手な感じにはなったと思います。(^-^)/sunrising!

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 total cut   (short)

¥4410~¥4620(カット・シャンプー(頭首肩マッサージ含む) & シェービング(眉毛シェイプ・鼻毛カット・耳そうじ含む)

: coloring  (シングル・ブレンドカラー共)

+¥3150~+¥3990

★グラデーションカラー(カラー・オン・カラーはオプション~別料金になります。)

Colorz-O’s hair catalogue / men’s 30~50代のファッションカラー(主に白髪)

今回のヘアカタログは2月のキャンペーン~カラーリング各種~に合わせてアップします。(計3回)

まずは白髪の増えてくる30代以降のヘアダイをいくつかピックアップしてみました。

多くの方が「白髪染めって黒か濃い茶系だよね。」とおっしゃいます。

確かに通常のお仕事において、カラーは「ちょっとまずい…」雰囲気があると聞いています。

カラーにもいろいろと方法があって、明るい色をそのままカラーリングする場合や

もともと明るい色なんだけど、色味はそのままでトーンダウンさせてカラーするやり方もあります。

それでは実際にいくつかお客様をモデルにアップしてみます。(^-^)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

こちらはトーン6のダークブラウンのシングルカラー。(2剤6%)

いわゆる普通の濃い目のブラウン系。

「そのまんまじゃん!」という声が聞こえてきそうですが、

接客業という仕事柄、この色に落ち着きました。

続いては、トーン5のダークブラウンにトーン6のライトブラウンをブレンド。(2剤6%)

こちらのお客様の場合、眉毛の濃さやお肌の白さを考えると

このくらいの明るさがあっても自然に見えます。(^-^)

次の3人はそれぞれベースにトーン7のブラウンを使用していますが、

明るさが出ないように、マット系アッシュブラウン・トーン6を、

1/4 ~1/2ブレンドしています。

みなさんそれぞれ白髪の量も違うし、もともとの髪質も異なるので、

同じ色を入れても同じようにはなりません。

それに、

悲しいかな、ある程度の年齢になると髪の質だけでなく、量自体も変わってきます。

でも、共通しているのは、「茶でもない黒でもない色味。」

そして、

「ちょっと若く見えるように。」することです。(^-^)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

men’s short length

: total cut    

¥4410~¥4620(カット・シャンプー(頭首肩マッサージ含む) & シェービング(眉毛シェイプ・鼻毛カット・耳そうじ含む)

: coloring  (シングル・ブレンドカラー共)

+¥3150~+¥3990

★グラデーションカラー(カラー・オン・カラーはオプション~別料金になります。)

Colorz-O’s hair catalogue / new year’s colorings(Mr.T)

新年明けましておめでとうございます。(^-^)/

今年もよろしくお願いいたします。

さて、1年の初めとしてMr.Tくんの2010年のカラーをアップしてみました。(2枚ずつ)

とりあえずご覧ください。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

*total cut(カット・シャンプー・シェビング・頭肩首マッサージ・鼻毛カット・眉毛シェイプ・耳そうじ含む)

+color+color option(color ob bleach):ホワイトブリーチ・中間処理・カラーリング

 price: total cut (design short)  ¥4410 ~ ¥4620

              bleach                                +¥3990~(求める色味になるまで)

              color on bleach             +¥1050

              coloring                            +¥3570

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

もちろんノーマルなカラーリングもありますので、気軽にご相談ください。

★今後のカラー予定として、30~50代のファッション性の高い白髪染

~ベースになる色をブルー系やグリーン系、またはレッド系に~

 また、ブレンドカラー~アッシュを加えて見た目のトーンを下げる~

 ようなことをヘアカタログでアップしていきたいと思ってます。

・ 

PS:次回は各種カットメニューの料金表を兼ねたヘアカタログを予定しています。(^-^)

Colorz-O’s Hair catalogue / coloring November

最近お客さんにヘアカタログについてお尋ねしました。

「どんなタイプのヘアカタログがお望みでしょうか?」

ほとんどの方がこう答えました。

「どんな顔にどんなスタイルが合うのか?」

「どんな髪質にどんなスタイルが合って、どんなセットの仕方が良いのか?」

「どんな眉毛が自分に合って、どのようなスタイルともっとも合うのか?」

そうですね~(^-^:)

実際、本屋さんや当店に置いてあるヘアカタログのほとんどがそういう方法をとっていて

そういうものであれば、そのカタログから選んでいただくのが良いと思いますね。

話していく中で、仕事での時間をメインにするのか、カジュアルな時間をメインにするのかを決めていって

最終的にバランスの取れたスタイルがもっとも合うのだと思います。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

さて、そんなことを考えていたらしばらくヘアカタログの更新が遅くなってしまったので、

とりあえず、先日施術したMr.Tくんのカラーを掲載してみたいと思います。

まずはブリーチ。

ここでしっかり元の色を抜いておかないと、次に入れる色味が変化してしまうことに。

今回はレッドを。

めがねの色とコーディネートしています。

今回使用したのは、

ブリーチ:ルウ・フロスティ×2

カラー :1剤~ウェラ・コレストン チェリーレッド(トーン6) 

     2剤~ウェラ・6%:2%=2:1=5%(少しトーンダウン気味にして、時間を長めに設定)

     ★1剤と2剤を2:3で混合して塗布しました。

 ・

こういうカラーリングは”eye-chacher”的な色合いが強くて、

普通のお仕事に就いてる方にはお勧めできません。(当たり前~)

で、このTくんですが、地元鶴見を歩いていると知らない人に声をかけられることが増えてきたそうです。

「今回はこの色なんですね?」とか、「オレンジが綺麗でしたね。」と。

現在力を入れているのが、30~50代の白髪へのファッションカラーアプローチ。

多くの方が、「黒か茶色でしょ?」と言われますが、

もとのベースになる色にグリーンやブルー、レッドやアッシュと

いくらでもブレンドして変化が楽しめますよ。(ちなみに私の頭はグリーンをベースにしています。)

興味のある方はご相談ください。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Price:

★ total cut : design short  ¥4410~¥4620

 カット・シャンプー(頭肩首マッサージ)・シェービング(眉毛シェイプ・鼻毛カット・耳そうじ含む)

☆ Coloring :  optional menu

ハイブリーチ : +¥4510~(希望色になるまで)

カラーオンブリーチ : +¥1050

カラーリング : +¥3150~3460

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ps:こちらは4年前に作った”オリジナル・ヘナ”のブレンドカラーチャートです。

何とかして色んな色を作ってはみたものの、白髪以外にはほとんど効果がないことが判りました。

結果、

営業では使えないと判断してそれから一切ヘナは止めました。

結構熱中したんですけどね~仕方なし。(^-^:)

Colorz-O’s hair catalogue (~2010年9月)

今までに制作・掲載した当店のヘアカタログのアドレスです。
ちなみにモデルは全て当店のお客様です。
(ご協力感謝~(^-^))

http://www.colorz-o.com/blog/?……D%E3%82%B0

今後はこちらのブログにてアップしていきますので、
引き続きよろしくお願いいたします。

1 2 3 4 5 6

ホーム > ヘアカタログ カラーリング

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る