ホーム > 技術

技術のアーカイブ

Colorz-O’s hair catalogue for color (petit) 2018

しばらくヘアカタログの更新を怠けていましたが、

年内最後のカラーキャンペーンなので、久しぶりにアップしました。

☆今回は、レディス・メンズ区別無くランダムに。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

a nishi (2)

IMG_3372

IMG_2212

nakamura (4)

IMG_3448

IMG_3950

ayamisan (4)

IMG_2112

a nobatasan

madamu (6)

naiyousan (4)

takeuchi (4)nakanishi (8)

takiguchi (6)

シェービングのすすめ

shaving

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ここ最近、メルマガのみの更新でしばらく新しいヘアカタログも更新せずに申し訳ありません。

6月より新規のお客様が来られるようになり、
女性の方も増えてきたので、久しぶりに”顔剃り”について書いてみます。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

price:

for Men : ¥2800(+tax)

for Ladies : ¥3000(+tax)

内容:顔剃り(ネックシェーブ・頭首肩マッサージ・鼻毛カット・眉毛シェイプ・耳そうじ含む)

MenとLadiesの料金になぜ違いが?

男性の場合、メインとなるのは髭そりですが、
女性の場合、メイクを施すことを前提として顔剃りをするので、
うぶ毛は出来る限り全て剃ることとなります。
また、
ドレス仕様の場合には、
”首~デコルテ”まで剃ります。
ゆえに料金が異なりますのでご了承ください。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆「なぜ顔剃りをすすめるのか?」

すでにみなさんはご存じだと思いますが
まず、肌の仕組みを少し説明させていただくと、
お肌は外側から、表皮・真皮・皮下組織という3層構造になっており、
表皮は角質層、顆粒層、有棘層、基底層から構成されていて、
当店でかかわるのは最も外側にある角質層という部分で、
たかだか0.2mmの世界です。

しかし、たかが0.2mmと侮るなかれ、この部分があるとないとは大きな違いです。

この14層から成る角質層は、紫外線を遮り、水分の保持をしてくれて、
空気中に漂う常在菌(溶連菌やブドウ球菌等)からお肌を守ってくれている
非常にありがたい部分なんです。

なので、まずはここの角質層が整うのが基本だと思ってください。

次に、お肌の生まれ変わりの周期を、”ケラチニゼーション”、
もしくは、”ターンオーバー”と言いますが、加齢によってその周期は長くなります。

20代では約4週間、40代では6~8週間。
悲しいかな、お歳を召すにつれこの期間が長く長くなるわけです。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

さて本題に入ります。(前ふりが長い!)

お肌というのは上手く出来ていて、この角質層に何らかの異常があって
部分的に剥がれてしまう、削れてしまうとそこの部分を補おうとして
角質化が早まると言われています。

つまり、
角質層の厚い部分が出来てしまうということ。

当たり前ですが、
理想的なお肌は一定の厚みを持って
自然に角質化が進むこと

ここで”顔そり”のすすめです

(特に女性の方について。)
加齢によるお肌のくすみ、メイク落としのクレンジング不足、
先述の角質層の凹凸など、
うぶ毛を剃るとともに、それらを一度リセットすることにより
自然なターンオーバーを促す効果もあります。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆当店でのシェービングについて。

当店で使用しているのは、
シェービング前のバブルクレンジング、およびシェービング時のシェービングフォームに
CAC化粧品のクリーミーウォッシングパウダー、
シェービング後のローションにベースローション。

シェービングレザーには、”Be-Glad”レザーを用います。

(☆通常夏季にはエステ時のみアロマスチームを使用しますが
ご希望のお客様にはスチームシェービングを施術いたします。)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

この他、CAC化粧品のパックを使用するフェイシャルエステメニューもありますので
お気軽にご相談いただければと思います。

ぜひ一度お試しください。

mail ad: yokohama@colorz-o.com

by Colorz-O

技術系シリーズ1 ・ Shape of “eye-brow” / 眉毛について考える。

ここ何年かの流行なんでしょうか、眉毛全体の厚みが同じ男性を目にすることが多いです。
パッと思いつくのは楽天イーグルスの則本選手。

特徴的なのは眉毛の上下がきちんと輪郭が出てるところと、
先ほど記述した厚みが均一なこと。

個人的なことを言うと、眉毛にはちょっとしたこだわりがあります。
それは、

「眉毛の形次第で見かけの人格を変えることが出来る。」

ということ。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

余談ですが、
お客さんが「こんな感じにしてもらえますか?」と写真を見せてもらうとき、
私がヘアスタイルを作るときにまずは眉毛と輪郭を考えます。

もちろん、髪質や長さも大事な要素ですが、写真を持参される方は
少なくとも長さにおいてはクリアしてることがほとんど。
(次回ブログアップの予定ですが、輪郭の要素ではおでこの広さにおいても重要です。)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ちょっとイメージしてください。
眉間から始まりの部分を

眉頭(まゆがしら)~最も高いところが眉山(まゆやま)~最後に眉尻(まゆじり)

と呼ぶことにします。

そして、顔を立体的に見せるには当然眉毛も立体的なほうが良いという考えを基本にして、
その考えに従って眉毛をシェイプしていきます。

最近気をつけているのは、
「基本、シェイブするのは眉毛の上の部分だけ。」

それは、もともと眉山が眉間側によっている場合は外側にもっていくということ。
また、
”8:20”眉毛であれば、眉頭を下げます。

そして、まぶたの部分をまつげに近いほうを少し調節します。

ここでシェイブは終わり。
あとは専用シザース(眉毛はさみ)でグラデーションをつけます。
(基本は外側から内側へ。)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

私個人のことですが、
女性でいえばシャドウやパールを施す部分は必ず産毛をシェイブしています。
ここで対になるのが頬の高い部分。
ここの産毛も必ずシェイブします。

これには理由があって、悲しいかな加齢が進むと顔の外側の部分が落ちていきます。
あるお客さんが言うには、

「毛穴の形が縦長のオーバルになる。」

若いころには丸型だった毛穴の形が変わってくるんですね。

なので、
ここの産毛をシェイブすることによって、光の反射を均一に見せます。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

実際は一人ひとり個人差があるので、その都度相談の上、調整することになります。

とはいえ、
私のようにもともと眉毛の幅や量が足りなかったり、のっぺりした顔立ちのゆえに

「いかに立体的にみせるか?」

と考えざるを得ないんですね。

ご来店の際はどうぞお気軽にご相談ください。

ホーム > 技術

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る